読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

究極のわらび餅探しの旅

葛餅でも求肥でも寒天でもない、わらび餅の食感が好きすぎて、美味しいわらび餅を求め出会ったわらび餅の記録ブログ

千葉陶芸工房 

www.c-tougei.com

 

陶芸体験して来ました(´∀`)

 

 

千葉にも陶芸体験できるところがあるんですね

陶芸に限らず、ガラスやアクセサリー作りもできます

(曜日は限られています)

 

 

ろくろもありますが

今回は手びねりという手法

 

 

 

作るのは「湯呑み」ヽ(´ー`)ノ

沖縄のやちむんの湯呑みを割ってしまってから

お気に入りの湯呑みに出会わなかったので

自分で作る事にしました

 

 

 

こちらの工房は出来てまだ3、4年と新しいそうで

最近、カフェも併設

土日だけのランチも美味しそうです

平日はカフェのみ

 

 

内装も棚とか塗り壁とか全て自分達で手作り感満載

カフェのお皿やカップも陶器もので

いびつな形ながらも味が出ていておしゃれ

 

 

不揃いでありながらカラーが統一されているからか

工房の特色が出されてますね

 

 

それぞれの先生の作品も購入できるギャラリーがあって

創造力が掻き立てられます

 

 

道具、作業場、なんでも揃っているので

モノ作りが好きな人にはもってこいですなぁ〜

 

 

陶芸してる人、アクセサリー作ってる人

一緒のテーブルで各々が

黙々と作業している空間って良いですね

中学の技術の授業を思い出しました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

さて、手びねりは最初は難しく感じたものの

修正がきくので、だんだんと慣れて来ます

 

 

さほど時間はかからず湯呑み完成

(1時間もかかってないと思う)

まだ時間があるから他にも作りますか?と勧められ

豆皿を作る事に。。。

 

 

工程がなんとなくわかってくる

 

 

湯呑みと豆皿は真逆の口の開き方なので

指の使い方が変わって面白い

 

内側から外側から

形はどんどん変えられる

いくらでも道はある

 

 

色々と修正しながらコネコネしてたら

まるで人生みたいだな(゚∀゚ )

なんて思ってしまいましたw 深イィ〜

 

 

こんな感じに

焼くと縮むので大きめに作ります

f:id:izusei:20170206115047j:plain

 

 

金額はちょいわかりにくく

体験料3000円に

プラス焼成がかかります

モノの大きさによって価格が変わります

 

私の場合は湯呑みが900円くらいで

豆皿が500円くらい別途にかかりました

総額で5000円弱でした

 

マグカップの取っ手をつける場合はプラス300円だそうです

取っ手は先生が作ってくれるみたいです

 

 2日体験を希望なら色付けも自分でできるようです

2日体験 5000円

 

今回は色付けはおまかせで

 黒 黄色 のどれかから選択

 

 

 

ついでにカフェでお茶して帰りました

ランチはいつか食べたい〜

 ドリップコーヒーとスコーンwithクリームチーズ

f:id:izusei:20170206115200j:plain

 

作業場とカフェがすぐ隣の部屋なので

たまに良い匂いが漂ってくるwww

作業途中、焼きたてスコーンのバターの香りに誘われて

カフェを覗きに行って話が弾んだり(´∀`)

カフェの女の子が可愛かった〜〜💕

 

あ、ほら

この器もカップも陶器でしょ