読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

究極のわらび餅探しの旅

葛餅でも求肥でも寒天でもない、わらび餅の食感が好きすぎて、美味しいわらび餅を求め出会ったわらび餅の記録ブログ

日本橋 長門

tabelog.com

 

 

くずもちと書かれているけど

わらび餅。。。らしい

 

 

東京駅と日本橋駅の間くらいに位置する

商店街?のような通りの一角

雑居ビルとかごちゃごちゃしたところに

おそらく昔からあるんだろうなぁという和菓子屋さん

店内はこじんまりしていましたが

練り切りなどの綺麗なお菓子が並んでました

 

お姉さん二人がのんびり店番してました

 

 

ちょっとした差し入れなどに便利なサイズ感

昔ながらの包装で江戸っぽいというかw

(890円)

f:id:izusei:20160527140914j:plain

 

 

封を開けると。。。

きめ細やかな薄色美しいきな粉が

三角に切れ目が入っていますが

サクッとは切れません

f:id:izusei:20160527140937j:plain

 

口当たりはなめらか

全体的に甘さ控えめな印象

くどくなくてさっぱり

かといって特筆する味でもないかなぁ

 

それにしても平積みにされていたわらび餅

おそらく午前中には作られているはず

 

餅にきな粉をまぶすと

数時間で餅の水分をきな粉が吸って

きな粉が湿っぽくなるものなんですが

こちらのきな粉は何故かサラッサラなんですよね

湿り気が一切ない。。。

なんでだろう〜?????

購入したのは夕方4時頃

食べたのは6時過ぎなのに。。。

 

この謎を解明したい!ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧